ラベルマイティでの祝日変更方法


来年(2021年/令和3年)の祝日が変更になったことをご存知でしょうか?
東京オリンピックの開・閉会式に合わせて祝日を移動する特別措置法改正案が2020年11月27日の参院本会議で可決、成立しました。
これにより、2021年(令和3年)の7月・8月・10月の祝日が次のように改正されます。



市販されているカレンダー、お店や銀行などで頂くカレンダーのほとんどが改正前の状態かと思います。
当教室では毎年オリジナルカレンダー作成を行っていますが、講座を終えていたためやはり祝日が改正前の状態です。

すでに印刷や製本をしてしまっているカレンダーの変更は難しいと思いますが、これから作成するカレンダーについては祝日を改正後のものに変更してはいかがでしょう?

ワードやエクセルで作成するカレンダーはフォント(文字)の色を変更するだけで良いのですが、ラベルマイティを使ってカレンダーを作成している場合の操作方法をご紹介します!

①画面上部のカレンダーのアイコンをクリックします。
②挿入されているカレンダーをクリックで選択します。
③画面右側の[設定]タブをクリックします。
④[休日の設定…]をクリックします。
 →「休日の設定」画面が表示されます。



⑤祝日にしたい日付をクリックで青い反転表示にし、祝日を取り消す日付をクリックして青い反転表示を消します。
 *青い反転表示にした日付が祝日となります。
⑥[OK]をクリックします。



→祝日が変更された状態になります。


これから作成する方はもちろん、すでに作成済みのカレンダーでも練習のために一度上記の操作を行ってみましょう!

前の記事

Windows10の大型更新